エコノミー航空券と幸運な私

ドイツの航空会社最初の総2階建て航空券の行き先は日本

現在、航空業界でもっとも注目を集める航空機のひとつが、総2階建て航空機です。最新ということもありますし、一度に大量のお客を運べるというのは、大きなメリットです。この航空金開発に協力していたのが、ドイツの航空会社です。ドイツの航空会社では、自社の社員を使い、緊急脱出のシミュレーションを行ったりしていました。そしてドイツの航空会社は、世界で4番目にこの総2階建ての航空機を受領しました。
この航空機はとてもセンセーショナルなものなので、過去にこの航空機を受領した航空会社は、導入にあわせてシートを新しくしたり、会社のロゴを変更したりしていました。しかし、ドイツの航空会社ではそのようなことをしませんでした。正直言って、これまででもっとも変化に乏しい登場といっても過言ではありませんでした。フゼストクラスは、今はやりの個室タイプではありません。しかし、ドイツの航空会社はあえて個室タイプにはしませんでした。圧迫感があるということがその理由でした。他のクラスでも、大規模なリニューアルというのは行われず、今までのシートの発展形のようなものでした。しかし、それで十分だったのかもしれません。航空券に関しては、この航空機のデビューはなんと日本でした。そのため、世界ではじめてこの航空機とヨーロッパをダイレクトに結ぶ航空券が販売されたのは、日本ということになります。最近では中国に押されがちの日本でしたので、ドイツの航空会社の決断にはうれしい限りです。

お役立ち情報