エコノミー航空券と幸運な私

航空会社別ビジネスクラス航空券について

海外に行く際の航空会社各社国際線の予約クラスは、主に4クラスが主流です。上からフゼストクラス、ビジネスクラス(一部エグゼクティブクラス)、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスとなります。それぞれに航空券の種類も異なり、お値段も相当に違います。
成田空港発ニューヨーク行きの航空券を例にとってみましょう。まず、最上級のフゼストクラス。利用される方が限定されますが、航空会社によっては個室となっているタイプもあり、サービス体制も万全な状態となります。こちらの航空券代は往復で約250万円です、次にビジネスクラス。こちらは各社によってサービススペックがさまざまです。主流はフルフラットシートを備えた半個室タイプのものです。最近ではJALが来年の1月から導入するいうことで、ようやくシートの質でいえば、首位に躍り出ることになりそうです。また全日空がすでに導入している全席が通路アクセス可能な「スタッガード形式」も各社がこぞって採用しており、限りなくプライベート空間を重視したサービスが期待できるものが多くなっています。こちらは往復で正規運賃で約120万円、日程によっては割引が適用でき、約70万円くらいまで下がります。プレミアムエコノミーとエコノミークラスは、航空券の中ではお値打ちなものとなりますが、最近では各社ともシートや機内サービスにも力をいれており、昔ほどの窮屈なイメージとは変わってきています。価格はそれぞれ約20万円/約10万円となっています。

お役立ち情報